仮想化基盤の普及を妨げていたものとは

仮想化基盤の普及を妨げていたものとは

仮想化基盤を使えば、1台のコンピュータの中に複数のコンピュータを仮想化して導入できます。物理コンピュータの中にいくつもの仮想コンピュータがあれば、リソースを無駄にすることなく効率的に利用できますから、メリットは大きいと言えるでしょう。

このような発想は古くからあったのですが、実際にはあまり利用されていませんでした。
例えばあるOS上で別のOSを実験的に動かす際などに、限定的に用いられていた程度でした。



現在ではクラウドの普及とともに仮想化基盤の技術は様々なところで用いられていますが、少し前は全く普及しなかったのです。


では、なぜ普及しなかったのでしょうか。

Nutanix情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

これには二つの要因があります。

そもそもリソースの技術が追いついていなかったことが挙げられます。
リソースとはCPU、メモリ、ハードディスクを指します。

これらの技術が追いついていなかったために、複数の仮想コンピュータの処理を行えなかったことが理由として挙げられます。


もう一つは停止しなければならないシーンがあったからです。

ロケットニュース24の特別な情報を載せています。

リソースが不足してくればそれを増強すれば良いのですが、その際には一旦物理コンピュータを停止させなければならなかったのです。

すべての仮想コンピュータが使えなくなるのですから、これは大きなデメリットだったと言えるでしょう。

現在では、リソースの技術も進歩していますし、価格も安くなってきています。
また、無停止でメンテナンスができるような技術も開発されたために、仮想化基盤は一気に普及したと言えるでしょう。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤の普及を妨げていたものとは All Rights Reserved.