費用を抑えて札幌で結婚式を挙げる

結婚式には御祝儀制と会費制がありますが、札幌では会費制が主流です。

会費制は金額がはっきりしているので予算が立てやすいというメリットがある一方で、ご祝儀制に比べると回収できる金額が少なく持ちだしになることも多いようです。結婚式のポイントはしっかりと抑えつつ、費用を抑えるには色々と工夫が必要になります。まず、内訳を見てみると、会場費・飲食代・衣裳代・演出代・写真代などがあります。御祝儀制の場合には遠方から参加するゲストにお車代を支払う必要があるところも多いですが、札幌にはそういった風習はほとんどありません。

そのためお車代を用意する必要はありませんが、恩師や友人などどうしても遠方から参加してほしいゲストがいる場合には心遣いとしてお車代を用意する場合もあります。本州から札幌まで移動するには飛行機に乗らなければいけないので、負担も大きいからです。その費用を抑えるには、早割チケットを用意しておくといったことがあります。

それからカジュアルなレストランや式場を選ぶと、結婚式の費用を抑えることができます。格式のあるホテルや式場は価格が割高なことが多く、サービスの質は良いものの費用がかさんでしまうことがあります。また、お色直しの回数が多いと衣装代も高くなりますし、写真撮影のプランも高くなります。選ぶ衣装によっても価格は異なっており、インポート物や有名デザイナーのウェディングドレスなどは費用がかさみがちです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *