ウェディングドレスの種類は豊富

花嫁にとって、ウェディングドレス選びは最も重要といっても過言ではありません。

まず基本となるのはドレスのシルエットです。選ぶシルエットによって雰囲気はがらりと変わります。「Aラインドレス」はウェストの位置が高く、裾に向かって自然に広がる様がその名の通りAの形に見えます。縦の流れを強調してくれるので身長が高く見える効果があり、低身長の方でもよく似合います。

「プリンセスラインドレス」はウェストより上は身体にフィットし、下は裾に向かってふんわり広がる正統派ドレスです。比較的誰にでも着こなせ、ボリュームあるので広い宴会場でもよく映えるでしょう。

「マーメイドラインドレス」はその名の通り人魚のシルエットを取り入れたドレスです。上半身から膝まで身体にフィットし、膝から下はまるで人魚の尾ひれのように広がっています。メリハリがあり、女性らしいしなやかな曲線美を見せられるので、特に背の高い女性やスリムな方におススメです。「エンパイアラインドレス」は他のドレスと違い胸下からの切り替えで、スカート部分が多いのが特徴です。低身長の方でも足長に見せられ、更にマタニティの花嫁にも向いております。

「スレンダーラインドレス」は身体のラインが強調されるデザインであり、スタイリッシュで大人の雰囲気が醸し出せます。比較的シンプルなデザインであるため、インパクトのある小物もコーディネートしやすいでしょう。上記五つ以外にも、ウェディングドレスの種類は沢山あります。かわいい系、ゴージャス系、シンプル系など、花嫁の好みは様々ありますが、好みだけでなく花嫁の体型や挙式スタイルに合わせることも重要です。それらをよく考え、花嫁を最も輝かせるウェディングドレスを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *