ウェディングは気持ちで祝う!

ウェデイングとは主に結婚式を指す言葉で、結婚式に関連したものにつけられる言葉です。

例えば、ウェディングドレス、ウェディング会場、ウェディングケーキなどです。よくある流れだと、結婚式の後に披露宴がありますが、その全てを含めてウェディングと呼んで良いと思います。長いこと教会でのドレススタイルが人気でしたが、ここ数年は神社などで和装式もたいへん人気です。地味婚、派手婚など、さまざまなスタイルの結婚式がいつも話題になりますが、やはり自分たちで拘った結婚式をするカップルが多いようです。

昔の結婚式といえば、両家の式という固い儀式のようなものも多かったようですが、今は思い出に残る二人の、または家族のパーティーという意識の方が強くなっているように思います。そのため、結婚式、婚礼という固い呼び名ではなく、ウェディングやブライダルといった言葉に置き換えられるようになってきたのではないでしょうか。現在では高砂を作らず、仲人もたてないというスタイルが増え、教会や牧師を必要としない人前式も多く見かけるようになりました。

また会場も、ホテルや式場が一般的でしたが、レストランや船上、遊園地などを選ぶケースもあり、あまり形式に拘らない傾向があります。新郎新婦もゲストの皆様と同じ目線で楽しむという意識に変わってきているように感じます。古くからの形式にとらわれるよりも、気持ちで祝うという面では参列する側も共感が持てます。共に祝い楽しむ席にしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *