ウェディングとは何なのか

結婚式など挙式関連で耳にすることが多いのがウェディングであり、祝いの言葉にも含まれていることが多いことから結婚式をさしていると認識している人がほとんどです。

では実際にウェディングとはどのような意味を持っているのかと言うと、実は結婚に関することを総合的に意味している言葉となっており、ウェディングという単語自体が結婚に関することをすべて含んでいると言うことになっています。そのため結婚式と言う意味合いでも利用されることが多いですし、結婚と言う儀式自体にも用いられています。

また、どのような挙式をするのかと言うスタイルでも利用される単語となっており、日本人の中でも非常に馴染み深い単語として用いられているわけです。また、似たような言葉にマリッジやブライダルと言う単語もありますが、マリッジは結婚と言う意味合いを持っていますしブライダルは花嫁のことを刺している単語となっているので、いずれの言葉もすべてウェディングに含まれている言葉ということになります。厳密には若干異なっている部分も多いのですが、大本の単語として利用されているのがウェディングということになります。

最近は海外の自由度の高い挙式のスタイルなどを導入されていることから多種多様になってきており、自分たちらしい結婚のスタイルを確立することができるようになっていると言うことから、この単語の意味合いも非常に幅広くなってきている傾向があるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *