日本のウェディングの歴史とは

日本では西洋式もしくは和式など様々なスタイルのウェディングが執り行われており、新郎新婦が思い描く挙式を行いやすくなっています。

そのようなウエディングを支えているのがウェディング業界であり、昔から顧客のニーズに応じて様々な変化を遂げてきた歴史を持っています。

そんなウェディング業界の起源は一体どこにあるのかと言うと、婚礼文化自体は室町時代には確立されていたのですがその頃には業界と言うものは存在しておらず、それぞれ家同士で執り行われるものであるという認識が強かったようです。

業界として確立するきっかけとなったのが写真館と美容師がコラボレーションするようになった明治時代であり、この頃にようやく結婚写真などを撮影するようになったと言われています。

そして写真を撮るために美容師とのコラボレーションも必要となり、結果として現在のウェディング業界で一般的に行われている記念写真のスタイルが確立されるようになったと言うことです。そして1980年ごろから専用の式場などが確立されるようになって、1990年代にはホテルでの挙式が一般的なものとなっています。

つまり西洋式が導入されるようになったのもこの頃であり、ここから一般的に連想されるウェディングのイメージが確立されていったと言うことになります。こうすると歴史自体はそこまで古いものではないですが、だからこそ劇的な時代の変化を象徴している業界であると言うことが分かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *