結婚式に招待された時の基本的なマナー

親しい間柄の友人であるほど、幸せの象徴ともいえる結婚式に招待されるのは嬉しいものです。

普段着とは違うフォーマルな装いで出席し、祝福の気持ちを示すのは大切ですが、張り切り過ぎてマナー違反をしていないか出かける前にチェックすることも大切です。まず、結婚式に着てはいけない色は、ウェディングドレスの色とかぶる白い洋服です。

主役である新婦さんのカラーを引きたてるような色の洋服を選ぶのがベストです。その他、着てはいけない素材としては、ファーやスパンコールがあります。また、胸元が深くカッティングされていたり、ミニのスカートなど、肌の露出が多いデザインもNGです。

胸元は谷間などが強調されず、丈は膝頭が隠れるぐらいのものが理想的とされています。その他、ブーツやオープントゥの靴も、カジュアルな雰囲気になってしまうので避けたほうが無難でしょう。男性の場合は、派手な色のスーツや、カジュアルなスニーカー、革のパンツなど、個性的なスタイルはマナー違反となります。

ビジネススーツではなく、礼服や準礼服で出席するのがベストとされています。結婚式会場においては、新郎新婦の友人として、節度のある態度でのぞむよう心がけるようにします。音を立てて食事をしたり、大声で話したり、酔っぱらうなど、新郎新婦に恥をかかせるような行動は慎みましょう。様々な年齢層の人が出席しているので、周囲と調和のとれた態度をとることが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *