仮想化基盤によるサーバの統合

仮想化基盤によるサーバの統合

仮想化基盤の技術は様々なところで応用されています。

その一つがサーバを統合することです。



複数の物理サーバが稼働している場合に、それらをそのまま仮想化し、仮想サーバとして稼働させることができます。

BIGLOBEニュースの最新情報を公開しています。

企業などでは複数のシステムが連携をしながら同時に稼働していることも多いですが、従来の方法ではそれぞれが物理サーバにインストールされているのが普通です。

これらを統合することによって、一つの物理サーバとして稼働させることができます。

仮想化基盤を用いて統合をするメリットは、まず物理的にサーバの台数が減ることです。

スペックの高いサーバが必要にはなりますが、何台もおいているよりも1台にまとめた方が管理も楽でしょう。



一つに統合されるのですが、ネットワークを通じてみた場合には独立したものとして扱うことができます。
仮想空間はそれ自身が独立した基盤となっていますから、ネットワークを通じてアクセスすれば、統合する前と何も変化のない状態に見えるのです。

このことは、サーバを利用するユーザや管理者にとって非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

IT担当者がコンピュータ周りのことをすべて行っているということは少ないはずです。
システムの中心的な部分はIT担当者が管理を行いますが、管理者権限の必要のない部分では、IT担当者以外が運用することも少なくありません。
このような人にとっては、システムの変更を伴わずに移行できる仮想化基盤は非常に魅力的なのです。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤によるサーバの統合 All Rights Reserved.