仮想化基盤の実現について

仮想化基盤の実現について

仮想化基盤を企業で導入する場合には2つのことをチェックしておくことが重要です。1つは障害時対応をどうするか、2つ目は現サーバが仮想化基盤に対応するかです。

障害時対応については多くの場合、バックアップシステムからデータを同期させて対応するケースが多くありますが、仮想化基盤ではライブマイグレーションが利用できます。

システムダウンの時間を極限まで下げることができ、また、バックアップシステムのようにサーバを立ち上げておく必要もありません。

開いている仮想化基盤の中で稼働させることで電気代を大幅にカットできます。

しかし、ネットワーク回線がうまく用意できないケースなどに場合はサーバ自体をデュアル化するなどして対応する必要も出てきます。

livedoorニュースを検索してみてください。

障害時対応は企業によって考え方が変わってきますので仮想化をいかに対応方法として利用するかを考える必要があります。



仮想化基盤はサーバを選びます。


これは物理的なリソースを仮想化できるかは各ハードウエアベンダーによってドライバが提供されるかにかかっているからです。



多くの場合、専用ドライバを提供されており、仮想化システムを導入することは可能なのですが、古いサーバやGPUなどの専用ハードウエアがある場合には仮想化できないシステムもあるので注意が必要です。

専用システムを仮想化する場合には利用範囲をさらに検討することが重要であり、場合によってはサーバの更新や専用ハードウエアを除外するなどの対応が必要です。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤の実現について All Rights Reserved.