仮想化基盤とクラウドの連携

仮想化基盤とクラウドの連携

仮想化基盤はローカルにあるサーバを最適化するための手法ですが、一歩進めてクラウドとの連携も視野に入れたシステムが注目されています。
仮想化基盤では物理的なハードウエアを仮想化してソフトウエア化します。

リソース化されたハードウエアは複数のOSから利用することが可能となり、多くの場合、ほぼロスもなくハードウエアの機能が利用できるようになります。仮想化基盤では複数のサーバを集約することができますが、リソースの仮想化ができるからこその機能とも言えます。リソース化されると障害時にも切り離し、再配置が可能となりますし、物理的なハードウエアが故障している場合には他の仮想化基盤のリソースへ移動させるライブマイグレーションが利用できます。

最新のYahoo!知恵袋のお得情報を用意いたしました。

物理的なハードウエアの仮想化はクラウドとの連携も取りやすくなります。

クラウドはインターネット上にある仮想的なハードウエアであり、物理的なハードウエアを直接もっていくことはできませんが、仮想化されたリソースならクラウドへの動的な配置も可能です。



特に障害時に本社と支社などの離れた場所でのライブマイグレーションを実現する際にもクラウド技術が活用されるケースが増えています。

Nutanixを求める人にお勧めしたいサイトです。

また、クラウドへのシステム移行でもライブマイグレーションを利用して移行させるケースが増えてきています。

仮想化基盤ではリソースの最適化が重要ですが、物理的なハードウエアの仮想化、障害時対応も重要度をましてきています。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤とクラウドの連携 All Rights Reserved.